貯金を増やす方法もありますが、まずはお金を貯めましょう

貯金額を上げる明暗とは

総務省統計局の調べによると、単身世帯の30歳未満女性平均貯蓄額は198万とされているようです。これを多いとみるか少ないとみるかはあなた次第ですが、20代のうちに1000万円を貯めることは十分に可能ということになります。
お金が貯まらない女性は、月や年単位で貯金する金額を決めておらず、ボーナスが出れば使ってしまう傾向にあるようです。まずは、月に貯めるべきお金を明確にし、ボーナスには絶対に手を付けないことが必要となってきます。臨時収入を華やかに使ってしまおうとするのは、大きな間違いです。毎月一定の貯金をする自信がない人は、積み立てをすべきです。
また、派遣社員であろうと正社員であろうと社会に出て仕事をすれば、交際費はかかってくるものだと思います。それを一切断てとまではいきませんが、いい人を続けて付き合う必要はありません。頻繁に飲み会に出ていれば、あっという間に1日5千円程のお金が財布から飛んでいってしみます。男性に奢ってもらえるから良いと言うのであれば別ですが、最も注意していただきたいのは独身女性に多い「女子会」です。高い服を着て、少しお高いレストランでのガールズトークほど無駄なものはありません。何かのお祝いや特別な場面では行くことは否定しませんが、女子会と称して仕事のプライベートの愚痴を言うための交際費は不要だと思います。
また、貯蓄ゼロの女性の中には見栄を張りたがりプライドの高い女性も多い傾向にあります。仮に普段質素な生活を送っていても、出掛けるために高級ブランド品を身にまとっては本末転倒となってしまいます。身だしなみはもちろん大切ですが、溜めていたお金を削ってまで着飾る必要はありません。20代は、若いというだけでも十分女性としての価値があると思います。

Comments are closed.

TITLE

2018年4月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近のコメント

    アーカイブ